黒ニキビの芯を出す正しい方法とケアの仕方

 

黒ニキビも白ニキビも手で潰すのはよくありません。
跡が残り、シミや肌の凹凸の原因になるからです。

 

とは言ってもニキビは目立ちやすいもの…。
できてしまった場合はなるべく早く解消したいですよね。

 

そこでここではニキビの芯の正しい取り方とケアの仕方を紹介します。
芯を正しく取り除くことでそこからばい菌が入り炎症を引き起こすこともありませんし、
跡も残りにくく治りも早くなります。

 

気になる白ニキビや黒ニキビにお悩みの人はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

芯を出していいニキビと悪いニキビ

 

芯を出していいのは白ニキビや黒ニキビで、
しかも細菌が繁殖していない初期段階のニキビになります。
膨らんだ中央に芯が飛び出して取れそうなものがそれになります。

 

炎症を起こしているものや、膿がひどいもの、
赤ニキビなどは無理に芯を出そうとせず、
まずは薬やスキンケアなどで炎症を抑えることから始めましょう。

 

ニキビの芯を出す正しいやり方とケア

 

 

まずは自分で安全にニキビの芯を出すために“面皰(めんぽう)圧子”
という先が丸くなった芯を取る専用の器具
が必要になります。
“コメドプレッシャー”とも呼ばれています。

 

百貨店やドラッグストアで販売されており、300円ほどで購入できるようです。
手で潰すとニキビの悪化や跡が残る可能性もありますので
必ず専用の器具を購入してくださいね。

 

1:面皰圧子を洗っておく

 

器具が汚れていると芯を取り出す際に毛穴からばい菌が入り、
炎症を引き起こす原因になります。面倒でも必ず綺麗に洗い、
消毒液がある人は消毒して殺菌しておきましょう。

 

2:洗顔をする

 

洗顔をして顔を清潔にしましょう。お風呂上りなら
毛穴も開き柔らかくなっているので芯も取り出しやすくおすすめです。

 

3:芯を取り除く

 

面皰圧子をニキビに軽く押し当てて芯を取り除きます。
このとき力を入れ過ぎると跡が残ったり内出血の原因にもなりますので注意が必要です。

 

4:消毒&化粧水でバリアする

 

芯を取り除いたあとはコットンなどにマキロンなどの
消毒液をしみこませて軽く押さえ消毒していきます。
消毒が済んだら化粧水をつけて肌全体をカバーします。

 

オロナインがある人は塗っておくと効果的です。
オロナインは傷を治す作用や殺菌効果があります。

 

 

芯を無理に出そうとするのはNG

 

 

もし面皰圧子を使っても芯が出ない場合は無理に出そうとせず、
洗顔や保湿など正しいスキンケアを続けましょう。
肌のターンオーバーを整えることで自然とニキビは治っていきます。

 

「リプロスキン」という化粧水ならニキビのケアだけではなく、
保湿成分もしっかり浸透するよう作られていますのでオススメです。

 

早くニキビを治したい気持ちは分かりますが無理に芯を出そうとすれば跡も残りやすく、
炎症も起きやすくなって反対に目立ってしまう場合も考えられます。

 

正しい方法で芯を取り除きケアをする、
無理な場合は外側から地道にケアをする、
ニキビを治すだけではなく肌を綺麗に保つためにこの2つをぜひ実践してみてくださいね。