白ニキビや黒ニキビなど、アクネ菌がまだ増殖する前の、初期の段階のニキビであれば、ニキビの芯を出すことは問題ありません。
ただ、出し方を間違えると、ばい菌が入ってしまい炎症を起こしてしまい、ニキビ跡ができることがあるので、注意が必要です。
ニキビの芯をだすためには、道具が必要です。
よく自分の手でつぶす人もいますが、その場合雑菌が入り込む恐れがあり、力が分散してつぶしにくいため、おすすめできません。
芯を出しても良い状態のニキビとは、白ニキビや黒ニキビなどで、芯が飛び出してとれそうな状態の場合に有効です。
まだニキビとなっておらず、皮脂の状態のものは、むやみに出さない方がよいので、注意しましょう。
準備としては、お風呂に入って肌をふやかし、毛穴がやわらかくなった状態にします。
入浴が完了したら、洗顔をして、肌を清潔な状態にします。その際、ピーリング作用のある者を使うと、周辺の角質がとれるのでおすすめです。
道具を使って芯を出していき、その後軽く水で洗い流して、雑菌が入らないようにアルコール消毒します。

 

そもそも黒ニキビとは、毛穴の中にたまった皮脂などの汚れが、酸化して黒く見えている状態で、毛穴が開いているため、開鎖面ぽうと呼ばれることもあります。
この黒ニキビができる原因は、間違ったスキンケアやスキンケア不足があり、正しいスキンケアを行っていればできることはありません。
多くの人は、黒ニキビができると、しっかりと取り除こうとして、必死にゴシゴシと洗顔してしまう人が多くいます。
また、手で無理矢理押しだしたり、ニキビ用の洗顔料や毛穴パックを使って、強引にむしり取ったりしているひとも多いのではないでしょうか。
白ニキビとは違い、黒いニキビが目立つため、必死に自己処理している人も少なくありませんが、毛穴パックなどをつかって角質や皮脂などを根こそぎとろうとすると、肌にダメージが蓄積され、結果的にニキビが増える原因となってしまいます。
この悪循環が、毛穴の開きやいちご鼻が改善されない理由となってしまいます。
こういった間違ったスキンケアを、基本となる洗顔に変えるだけで、すぐに治すことができます。
ニキビを治すには、強力な洗顔料ではなく、肌にダメージを与えることなく、汚れを落とし、適度に皮脂を残す石鹸が効果的です。
皮脂を完全に取りすぎると、かえって過剰に皮脂が分泌されてしまいますから、石鹸を泡立てて優しく包み込むように洗い、しっかりと泡を洗い流すことが大切です。